読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
WEB拍手ぱちぱちっと
Clap/拍手

01.MENU
Blog  / ブログ
Videos  / 動画
Pictures  / 絵
Game Materials  / 素材
SS(ShortStory)  / 小ネタ

02.MENU
Novels  / 小説
Chat  / チャット
BBS  / 掲示板
Others  / その他
Old Top  / 旧Top

Traffic Jam Products


やる気を出すための考え方、方法

お役立ち 自己啓発系

ごきげんよう。

無駄にアクティブ、mです(ぉ

 

ウチに遊びに来ている方は知っているかもしれませんが、私は絵を描いたり、ゲームを作ったり、そして物書きをしたりと趣味の全力活動をしています。

お仕事方面でも勉強会に出席したり、お呼ばれされて登壇したりとこちらも幅広く活動させてもらっています。

すると、よく言われるのが

「どうしてそんなにやる気ムンムンなの?」

と聞かれることがあります。

実は私のやっている『やる気を出す考え方、方法』があります。

今日はその方法を書いていきたいと思います。

 

やる気を出すための考え方、方法

やる気スイッチどこにある?

「君のやる気スイッチどこにある?」なんてフレーズがその昔ありましたが、やる気スイッチは万人が同じ場所に持っています。

もちろん背中ではありませんw
やる気スイッチは脳の中の『側坐核』という部位にあります。
海馬(短期記憶の振り分け場所です)の付近、前脳の一部です。視床下部外側野、中隔核、側坐核は総称して報酬系、快楽中枢なんてよばれています。
この側坐核が興奮するとやる気が出てくる仕組みです。
(具体的には目的達成行動においてモチベーションを保つのです)
ですがこの部位、勉強をしようやら作業をしようと思ったからといって突然興奮し出したりすることはありません。
なので「勉強やるぞ!」と思ったところで「やるぞ! やるぞ。やるぞ…。やるぞ~……」となります。

 

どうすれば側坐核が興奮するのか?

では、どうすれば側坐核が興奮するのか?
実は……
「行動をすると興奮する」
のです。

これを作業興奮といいます。
行動をするとやる気が出て行動が続くのです。
むしろ行動するとやる気が出てきてしまうようになっています。
けれど、なんだか矛盾していますよね。
やる気がでないから行動できないのに、行動しないとやる気が出ないなんてw
ですがこういう仕組みになっているのです。
やる気が出ないときの自分を想像してみてください。
たぶんパソコンの前に座って「やる気出るの待つかぁ~」と言いながら動画サイトを見ていたりツイッターのTLを見ているだけではないでしょうか?
それでやる気は出ましたか?
やる気が出ないときに待っていたところでやる気は一向に出てきません。

なのでやる気を出したいなら無理やりにでも行動を始めましょう。
それが「やる気スイッチ」なのです。

 

『きっかけ』を作っても良いです

無理やり動く『きっかけ』『トリガー』があればやる気を出すのも楽だったりします。
締め切り近いとかテストが明日だとか。
皆さんも、やるしかない、やったらノッてた!という経験がお有りでは?

学生さんは、ひとまず問題を解き始めることを「行動」にしている人も多いようです。
私も見習って、やる気が全くなくても英単語の本を取り出し英文を声に出して読み上げたりしています。

5分もやるとやる気が出てきて勉強モードに突入できていますw

 

 

私がやる気ムンムンの理由。

至って簡単です。

あれこれ考えずやってみます。

やる気は、その一歩が出るか、出ないか。

そこなんだと思います。

Official LINE Account
友だち追加
@hgf7288s